2007/09/30

放生会へいく

(ほうせいかい)ではない。

そして、あやしい宗教団体でもない。

9月15日、博多三大祭のひとつ「放生会(ほうじょうや)」へと行く。

出店の数が異常なぐらい多く、お化け屋敷や、見世物小屋などがある。


何度か来たことがあるが、相変わらず人が多い。

お化け屋敷の受付の人が、どこから見てもアッチ系の人だった。
というのはここだけの話だ。

入り口で怯ませる気か。



ふと、巨大迷路に入りたくなったので、入ってみた。



雨にぬれて、墨で書いたであろう字が、垂れているところが趣深い。


大人300円。

良いプライシングだ。。。



入ってみたが、

期待を裏切らず、巨大でもなく、迷うこともなかった。

ただの「路」である。

むしろ、この「だまされた感」が放生会。

迷路を出ながら、入り口のおじさんに聞こえるように、

大声で「いやー迷った!迷った!」と言いながらで出てきたのは、俺の優しさだ。



お参りをして、ビールや、イカ焼きや、佐世保バーガーなどを食い、帰宅。

今年も変わらない良い祭りだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿