2006/01/14

祖母が亡くなった。
83歳。

弱くて、やさしい祖母だった。

骨になるまで見届けたが・・あっけないものだ。
高温でカラカラになってしまった祖母の骨を骨壷に入れる。

不思議と悲しくはない。
俺もいつかはこうなるのか・・・
死ぬ瞬間、自分は何を思うのだろう・・・と、
自分が死ぬ日について考えていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿