2005/12/19

官能

【官能】
(1)耳・鼻・目など、感覚器官の働き。
「―障害」
(2)感覚器官を通して得られる快さ。特に、性的な感覚にいう。
「―の喜び」「―をくすぐる」「―小説」

三省堂提供「大辞林 第二版」より

というわけで、生まれて初めて官能小説を買った。(どんなわけだ)

このジャンル、エロ本やエロDVDとは一線を画している。と勝手に思っている。
「初心者にはおすすめできない」的な、そんな雰囲気を本屋の一画から漂わせているのだ。

小説は、文を読み、人物や空間を頭の中で描く。
いわば、妄想。
想像力・集中力の高い人ほど、その世界が10倍にも20倍にも広がっていくのだ。

コレも同じだな。
エロ妄想の強い人ほど、よりエロい物になりえるのだ。
無意識で、カメラワークや女優ですら自分の脳から作りだしているのだ。

ストーリーは、「ありえねー」だが、
いやぁー、エロ面白い。
特に、用語が面白い。女肉とか媚肉とか。
なんて読むんすか。

0 件のコメント:

コメントを投稿